大人から見るととても小さい手でマウスを操作するので、思い通りにカーソルを動かすこと自体が難しいようですが、子供の適応能力は高いようで、こちらの心配をよそにコマンドのブロックを重ねていきます。いくつものキャラクターを自分の創るストーリーに合わせて動くようにプログラムするのですが、子供の創造力は改めて素晴らしいと感じます。

自分のイメージ通りにキャラクターを動かすためには、距離と時間の考え方(速度)などが必要になるので今は感覚による試行錯誤で調整をしていますが、学校の算数の授業で学ぶ機会に遭遇した際には、とても興味をもって取り組むことができると思います。

ひとつひとつを大人が教えなくても、経験からいろんなことを学ぶ力をもつ子供たち、その無限の可能性を伸ばせるだけ伸ばせるように見守っていきたいです。