昨年まで、マナカルの教室ではスクラッチ2.0のオフライン版でのプログラミング授業をメインで行ってきましたが、このタイミングで3.0に変更をします。

昨年の頭にリリースされた3.0用の教材が少なかったことと、3.0の使い勝手が良くないと感じていたことで、3.0の利用を先延ばしにしていましたが、最近のバージョンでは問題なく利用できるとの判断をしています。

また、新型コロナの影響でオンラインでの学習を視野に入れた時に、スクラッチ公式サイトと同じバージョンである必要を考えました。

ここでは、スクラッチ3.0のオフラインエディター版で、アプリケーションファイル(教材として使うプログラムの基となるファイル)を開く方法を説明しておきます。

 

スクラッチ2.0の時は、プログラムファイルをクリックするとスクラッチのアプリケーションが起動して、すぐにプログラムを見たり、修正したりすることができたけど、3.0は違います。

 

3.0は先にスクラッチのアプリケーションを起動させて、”ファイル”のタブから目的のファイルを読み込む順番でファイルを開きましょう。少し面倒ですが、今のところはこの方法でしかファイルを開く事ができません。

 

教材ファイルの開き方
  1. 教材ファイルをダウンロード
  2. プログラムのファイルから、コンピューターから読み込むをクリック
  3. ダウンロードしたファイルを選択

下の図をみて、やってみてください。