ブロック崩しのボール(ここではネズミにします)の動きを作ってみましょう。

旗がクリックされたらネズミを表示する場所を、X座標とY座標で指定しましょう。(初心者の方は、スコアのブロックは無視してください)

過去の情報との整合性を保つため、古いですがスクラッチ2.0の画像で表示しております。

その次は、どちらに向けてネズミを動かすか向きを決めてください。ここでは150度にしましたが、ランダム(150から210までの乱数)にしても面白いです。

ここではスタートキーが押されたらネズミが動くようにします。

スタートキーを受け取ったらスコア30(ネコが30匹いるのでスコアも30点がMAX)までネズミが動き続ける(スコア=30まで繰り返す)ようにします。

どのように動き続けるかというと、10歩動かす端に着いたら跳ね返る回転方法は自由の3つです。

次は、ネズミがずっと10歩動いている時に、もし何かに触れた時に、起こすアクションをプログラムしていきます。

1.ネコのブロックに触れた時

ブロック崩しのブロックに触れたのですから、ネコのブロックは消す必要があります。その為に、ネコのブロックを消すためにメッセージを送りますネコのスプライト側で、ネズミに触れたらネコのクローンを消すというプログラムだけでも、良い場合もありますが、パソコンの処理能力などによって動きが異なる場合があるため、ここではメッセージを使ってます。

また、ネコのブロックに触れた後は、跳ね返る必要がありますので、180度-ネズミの向き に跳ね返るようにしています。

2.バーに触れた時

ネズミは跳ね返るようにしなければなりません。バーに触れる場所が違うことで跳ね返る角度を変えるために、ここではネズミがバーに当たった時のバーの中心への角度の正反対(180度に向ける)に跳ね返るようにしています。

3.ネズミをバーで受け損ねてゲームオーバーになる

画面下の黒い色に触れたら、音を出してゲーム終了を告げて、スすべての動きを止めるようにします。〇色に触れたならの〇は下の全体図の最下部にある、赤の〇で囲った色を指定しています。