プログラミング

小学生、中学生向けプログラミング教室

 

子供向けのプログラミング学習に求めるものは、優秀なプログラマーにするためですか? 

2020年の教育改革を機にプログラミングは大変人気のある習い事となりました。
小学生の子供に習わせたい習い事ランキングでも1位となっています。そもそもプログラミング必修化の目的は何でしょう。

 

プログラミングを学び始めることで、将来的にプログラムに係る仕事に携わる可能性は高くなり、優秀なエンジニアになるお子さんも多いかもしれません。しかしながら、専門的レベルを必要としない子供向けのプログラミング学習に必要なことは、楽しみながら知的好奇心を持つ、論理的な思考を身につける、様々な方法を自分で考え確かめる創造性を広げるなど、子供達のいろんな可能性を広げるサポートをしてあげることです。

知的好奇心:楽しみながら物事を新しく知る事で、その先にある次の新しい事に興味を持ちます。それらの情報が多く複雑になってきても、関心をもって進んでいくことで理解を深めていきます。

論理的な思考:プログラムは正しく組み立てなければ、思うように画面上のキャラクターは動きません。どうやったら思い通りに動くのか、動かない原因は何なのかを論理的に考える力を養います。

自分で考え確かめる:思い通りにキャラクターを動かす方法は、一つではありません。学んだ内容を自分で考え、組み立て、確かめることで、自分の考え方が正しかったと認識できる達成感があり、またチャレンジする気持ちが湧いてきます。

創造性を広げる:子供達のアイディアは大人の常識をはるかに超えています。思いもよらぬ発想で問題解決を図ったり、面白いゲームやストーリーを作り上げていきます。大人が考える常識の型に収めるのではなく、子供の創造性をそのまま見守ってあげることは、プログラミングに関わらずとても大事です。

 

マナカルのプログラミング授業の進め方

  • パソコンの操作:幼稚園のお子さんは、手も小さくてマウスを操作することも簡単ではないです。 しかしながら、ゲーム感覚で行なえるマウスのクリックやドラッグの練習を、数回行うことで楽しみながらパソコン操作に慣れていきます。また、プログラム学習の中でマウスを使って絵を描くこともありますので、お絵描きが好きな子どもは、好きな絵を描いているうちに自然とパソコン操作ができるようになっていきます。
  • タッチタイピング(キーボードを見ないで入力):マウスやキーボードの基本的なパソコン操作ができて、十分にプログラム学習ができるようになったら、授業の前にタイピング練習を必ず行っています。指のポジションを安定させるレベルから初めて、規定時間内に所定の文字数を打てるようになったら次のレベルに進み、最後はローマ字入力で大人と同じレベルで文字入力数を競うことになります。
    • 幼稚園クラスのお子さんには、持続力を保って練習することが最初のうちは難しいですが、一度最後までやり遂げることができると、必ず毎回の練習をキチンと行うようになり、凄まじい進歩を見せてくれます。 
    • 小学生クラスのお子さんのタイピング速度の進歩も、アルファベット入力に限っては大人顔負けです。キー入力の誤り率を0%で、大人を入れても最速を誇る子もいます。しかしながら、日本語をローマ字入力する段階で、ローマ字変換が頭の中で追いつかず、3~5カ月の低迷期を迎え、その後また大人顔負けのスピードでタッチタイピングをできるようになってます。
  • プログラミング:それぞれのお子さんに合わせたレベルの教材を使って、楽しく学習できるようにしています。プログラミングに集中する子供がプログラム作成に夢中になっている横で、周りの子のやってることが面白そうに見えて仕方のない子供や、集中力の続かない子供にも、興味を持ってもらえるようにしています。
    • 少人数制:もくもくと自分で課題に取り組めるようになるには少し時間がかかります。判らないところを的確にアドバイスできるように、先生1人に対して生徒が3-4人としています。
    • レベル毎の課題:それぞれの生徒に合わせた課題の提供を行っています。基本的には、その子ができるであろう課題を与えて、それができたら ”できた!” という達成感を持ってもらう。課題達成後に、少しだけチャレンジをしてもらう課題を個別に追加したりもしています。
    • 一緒にレビュー:思い通りにいかない場合、”なんで?” ”解らない!”といら立ちと不満の声が吹きだすことがありますが、あきらめずに自らが考えてやり遂げることを一番に考えて対応をします。

マナカルのプログラミング

マナカルでは字の読めない幼児でも出来るように工夫された自社開発のテキストを使っています。所定のゲームを作成する基礎学習と、その基礎スキルを活かしたオリジナルゲーム作成をおり交ぜています。

大事なのは子供たちが楽しみながら自ら取り組むことです。 時には思い通りに動かないプログラムについて、悩みながらもあきらめないで解決することで、達成感と自信をもって次の課題にチャレンジしてもらいます。

キャラクターがかわいくて、文字の読めない子ども向け

 

「プログラミン」という名前の文部科学省が開発した子供向けプログラム開発用ソフトウェア。
初心者向けのプログラミンですが、ロジカルな処理命令を組み立てていく工程は、大規模なプログラミングと基本的には変わらないため、将来本格的なプログラミングを学ぶための「はじめの一歩」と考えてください。

それでも、工夫次第でなかなか凝ったプログラムが作れちゃうんです!

高度なプログラムまで組める、最良なプログラムツール

 

マナカルで主に取り組んでもらうのは「Scratch(スクラッチ)」という名前のプログラム開発用ソフトウェア。世界的に有名なMIT(マサチューセッツ工科大)が開発したもので、ロジカルな処理命令を組み立てていく工程は、大規模なプログラミングと基本的には変わりません。
かなり高度な処理をおこなうことができますから、プログラムの勉強として選択するのに最適なソフトウェアといえるでしょう。
小学校の低学年(幼稚園児も)から十分にプログラミング学習のツールとして利用することができますし、複雑なプログラムは大人でも簡単ではありません。

ジュニアプログラミング検定で自信をつける

 

モチベーションアップと到達度チェックのために取り組んでもらうのはジュニア・プログラミング検定プログラミングを学ぶ子ども達を対象とした資格試験で、プログラミングスキルを測定し、その能力を証明・認定します。試験はGold、Silver、Bronze、Entryの4級種に分かれ、学習の進捗度と合わせてステップアップできます。この検定を取得するスキルがあれば、学校でのプログラミング授業で困ることはほとんどないでしょう。
さらには友達に教えることで大きな自信を身に付けることができます。

最も利用されているゲームエンジン

スクラッチでプログラムを自由に作れるようになったら、3Dゲームの開発などに使われるUnity(ユニティ テクノロジーズの開発)にチャレンジしてみるのはいかがでしょう。 これまでのゲームエンジンと比べると取り組み易く、楽しんでゲーム作成をやりながらプログラム言語を学んでいくにはとても良いツールです。

ロボットプログラミングとの違い

プログラミング教室は大きく2つに分かれます。私どものような「ゲームプログラミング」といわれる教室と、ロボットを動かす「ロボットプログラミング」です。皆さんはどちらが良いとお考えですか?

お子様の可能性を広げるには、

「ゲームプログラミング」

がお勧め!


ゲームプログラミングのメリットは3点

マナカルKids価格表

1科目での入会

プログラミング OR ITスキル コミュトレ
月謝 10,000円 12,000円
入会金 10,000円 10,000円
事務手数料 1,000円 1,000円

2科目での入会

プログラミング OR ITスキル  + コミュトレ プログラミング + ITスキル
月謝 21,000円 20,000円
入会金 10,000円 10,000円
事務手数料 1,000円 1,000円

兄弟、姉妹1科目での入会

プログラミング OR ITスキル コミュトレ
月謝 9,000円 11,000円
入会金 10,000円(1名分のみ) 10,000円(1名分のみ)
事務手数料 1,000円(1名分のみ) 1,000円(1名分のみ)

*価格はすべて税抜き価格です。

*キャンペーン期間においては入会金は無料としております。