マナカル祖師ヶ谷大蔵校も、開校してもうすぐ1年を迎えようとしています。 うちの生徒さんはエクセルやワードのコースを受講する方が大多数なのですが、何人かの生徒さんが ”自分をとりまくIT環境はどのような仕組みになっている?” を教えて欲しいとご要望される方がいらっしゃいました。 ただ、おっしゃっている内容が漠然としていて、その範囲もネットワークの環境から特定アプリケーションの操作方法までと広く、また、きっちり深く学ぶ必要もないという理由から、内容を絞ってマンツーマンでお教えするということはなかったです。

その方々にはあらかじめ用意されているコースを通してプログラムの仕組みや、その方が職場で遭遇する疑問点にお答えすることで、”なんとなく仕組みがイメージできてきました” とおっしゃっていただけるようになってきました。

ところが、8月の終わり頃に、マンツーマンで対応をせざるを得ない方々が現れました。

男性の生徒さん男性の生徒さん

ITレベルは高くないので自分で調べるのは困難。知りたいジャンルの本は自分で購入するので、その中で分からない事だけ教えて欲しい

マナカル先生マナカル先生

求められるジャンルとそのスキルの深さの全て対応できるか解らない

男性の生徒さん男性の生徒さん

知りたい内容は初心者レベルですから問題はないと思う

というようなやり取りの結果、まずはお引き受けすることとなりました。

最初の授業の時に、ネットワーク構造、セキュリティ管理、他5-6冊の本を持参されてきたので、その中から読む必要のない部分と読むべき部分を案内したうえで、当面の課題について以下のような項目をお伺いすることとなりました。

  • テレワークのありかた(デバイス、サービス、アプリケーション、他)
  • BCP(Business Continuity Plan/事業継続計画)などで利用される、緊急時の連絡方法について
  • デジタル情報の収集と管理
  • その他。。。

インターネット構造や、遠隔地との様々なコミュニケーション方法やその具体的な使い方について、2回にわけて2時間ほど話をさせていただきました。 そして、先日の授業の際に、

男性の生徒さん男性の生徒さん

先日の授業の後から、新聞の記事や周囲での聞く内容がイメージできるようになりました

と言って頂けて、とても嬉しく感じました。

先日の授業では、Evernoteというアプリケーションを情報管理のツールとして使ってみてくださいとアドバイス差し上げたのですが、次回の授業の時に、どのような感想をもっていらっしゃるのかを楽しみにしています。

もう一人の方は、

女性の生徒さん女性の生徒さん

音楽をやっていて、楽譜を作るアプリを購入したのですが、使い方を教えて欲しい

女性の生徒さん女性の生徒さん

マニュアル類はあるが、その内容を自分で読んでも理解がむずかしく、実行するにもパソコン操作のスキルが十分ではない

これも、期待に応えられるかが全く分かりませんでしたが、とりあえず、お引き受けすることとしました。

楽譜を作成するアプリケーションなどお目にかかることすらなかったので、生徒さんがおっしゃる事を実現できるように調べることが大変でしたね。やりたいとおっしゃる内容を伺って、その操作方法をマニュアルやネットで調べて、実際に実現できるかを検証する。 そして、操作マニュアルまでは作れないので、その操作方法については、個々のスクリーンショットをとってお渡しする。

マナカル先生マナカル先生

ふーっ、結構、大変かも

最初の授業の時に、実現したい内容について一緒に調べる感じになってしまい、その調べる時間が申し訳なくて、2時間目以降はあらかじめやりたい内容を伺っておいて、次の授業までに操作手順をプリントアウトして準備しておく方法をとりました。 これで上手く進めることが出来ると思っていたのですが、こちらの用意した一つの事が実現できると、先日は聞いていなかった要求事項が、次から次にでてくるという感じで、結局はずっと調べものに追いまくられる感じは否めなかったです。

  • 楽譜のページレイアウト設定
  • 楽譜や、文字のサイズ変更
  • 歌詞の入力
  • 小説の幅や、数の変更
女性の生徒さん女性の生徒さん

ここまでできれば十分です。本当にありがとうございました。

マナカル先生マナカル先生

良かったです。使いこなせるようにいろいろやってみてくださいね。

次回の授業では、ほぼ完成した楽譜を持ってきて下さると期待しているのですが、まだ、ちょっと心配です。。。。。