画面上の画像をパソコンに取り込む方法についてご説明します。 スクリーンショットを使う方法です。

男性の生徒さん男性の生徒さん

スクショって呼ばれるやつですよね。

スクリーンショットの4つのパターンと操作するキー

  1. [PrintScreen]キーを押す:画面に表示されている画像そのままをコピー
  2. [Alt]+[PrintScreen]キーを押す:最前列にあるウィンドウだけをコピー
  3. [Win]+[PrintScreen]キーを押す:画面に表示されている画像のそのままをフォルダーに保存
  4. 「Shift」+「Win」+「S」キーを押す:画面に表示されている画像から、必要な部分だけをコピー

ここではWindows 10 を前提にご説明しております。(Win7でも最初の2つはできるはずです。)

まずは操作に必要なキーの説明をします。

PrintScreenのキーは、右上あたりに「Prt Sc」「Prt Scr」などの表記になっていることも多く、ここに紹介しているキーボードには「Prt Scr」と表記されています。

表記の色(「Fn」キーと同じ色)が他のキーと変わっていて、「Fn」キーと一緒に押して使うタイプもありますので、上手くいかない場合は良く見てみましょう。

マナカル先生マナカル先生

パソコンによって表記が違うので、注意してみて下さいね

Win/Windowsのキーは左下に表記されているマイクロソフトのロゴマークのキーです。

PrintScreenキー

PrintScreenのキーは、画面に表示されているそのままの画像を、クリップボード保存するシンプルな機能です。 クリップボードにある画像は、ペイントなどの他のアプリに「張り付ける」ことで画像として取り出すことができます。

クリップボードとは、画像やテキストをコピー(または切り取り)の操作を行った際に、コピーされた情報を一時的に保存する場所を示しています。

ペイントでは、取り込んだ画像をトリミングしたり、サイズ変更したり、文字を加えるなどの加工もできますので、それらの加工を施したのちに、フォルダーに保存して使うことが多いですね。

ペイントのアプリの使い方については、イラスト画像をペイントで加工、保存する以下の方法を参考にしてみてください。

[Alt]+[PrintScreen]キー

「Alt」キーを「PrintScreen」と一緒に押すことで、パソコンの画面上でいくつも開いているウィンドウの中から全面に表示しているウィンドウをクリップボードに保存することができます。

 

複数のウィンドウを開いている状態で、キーボードの映っている画像を最前面に表示して、「Alt」+「PrintScreen」を押します。 これでクリップボードに画像を保存できているはずです。

その後、ペイント上にて「貼付け」(「Ctl」+「V」)を行うと、下のように画像が出てきました。

スクリーンショットを取った時に、スクリーンからキーボードの画像の右側が少し外れていたので、取り込んだ画像も同様に右側が欠けた形で保存されています。

[Win]+[PrintScreen]キー

これまで説明をした2つの方法は、いずれもクリップボードに保存されるだけで、画像としての取り込みまでは完了していなかったですが、[Win]キーを[PrintScreen]キーと一緒に使うことで、あらかじめ準備されているフォルダー(スクリーンショット)に画像が保存されます

クリップボードに保存される情報は、通常設定では上書きされてしまうので、ペイントなどに貼付けして保存をする必要があります。

その点、このキー操作を1回行うだけで、フォルダーへの画像保存をしてくれるのは楽ですね。複数の画像を取っておきたい時には、便利な機能となりますね。

スクリーンショットをとる瞬間に、画面がコンマ数秒の間、暗くなりますので、キャプチャしているなと実感できると思います。(ほぼ、確実にキャプチャはできているはずです)

OneDriveやDropBoxを利用している場合は、設定によってクラウド側に保存されることもありますので、そちらの設定を確認してください。

スクリーンショットのフォルダーを誤って削除している場合は、Windows10のディレクトリーを修正する必要があるようです。

リンク先の1. Create a system restore point first and then press Windows Key + R combination の文章から始まる手順通りに進めれば修復可能です。 しかしながら、ディレクトリーをいじるのは危険が伴うので、手順通りにできる自信がない方はやめておいてください。

 

「Shift」+「Win」+「S」キー

さて、最期の「Shift」「Win」「S」キー を同時に押す機能はWin10になってからの新しい機能です。

同時に押すと、画面が少し暗くなります。下の図のような暗い画面になりますよ。

ここで左側のアイコンを選択して、必要な画像部分だけを選択します。

選択したい部分を左クリックで赤い〇から青い〇まで四角形で選びます。 下の図で分かるように、暗い背景の中で、選択した部分が明るく表示されますね。

四角形で必要な画像を選択した時点で、以下のポップアップ画面が表示されます。

右下の赤く囲った部分がクリップボードに保存されてことが分かります。

また、その赤く囲った画像をクリックすると、保存された画像が下の図のように現れます。

ここの画面で、文字を書き入れたり、線を引いたりと、このページのトップにあるような簡単な加工ができた上に、そのまま任意のフォルダに保存することができます。

ここで紹介したスクリーンショットの方法を理解したうえで、ペイントなどの画像修正のアプリケーションを使いこなせれば、自分で選んだ写真に言葉を加えたり、ネットから選んだデザインやイラストを使ってカードを作って友達にプレゼントするなど、パソコンの利用頻度が上がること間違いなしです。