日本政府が、これからの時代に対応できるIT人材の育成を義務教育段階から行うことを明示したことから、小学校でのプログラミング教育が2020年から必須化されます。 さらには、2021年に中学校、2022年には高校の授業でも教科書を一新して、さらに高度なプログラミング教育を必修化する予定で、大学入試にも関わってくるということです。

そういう政府の動きが大きな理由だと思いますが、プログラミング学習の人気はどんどん高まっている様子です。 うちの教室に来ている子供たちも、英語、水泳、学習塾と忙しい中、プログラミングを楽しみに通ってきています。

男の子男の子

プログラミングは楽しいよ

小学生にはブロック(命令分のコード)を積み上げる簡単な操作でプログラミングができる、ビジュアルプログラミング言語を使ったスクラッチが取り組み易いと思います。スプライトと呼ばれるキャラクターを思い通りに動かすプログラムから始まり、スプライトのクローン作成、普段は使うことのない変数を使ってのタイマー設定や条件設定など、楽しみながらゲームを作っていく中で論理的な考え方を自然と学んでいくことができます。 とはいっても、複雑なプログラムもあって、結構、奥が深いものとなっています。

基本的なブロックの使い方は決まっていますが、キャラクターに同じような動きをさせるにしても、ブロックの組み合わせ方はアイディアによって違って、こちらの考えと違う発想でブロックを積み上げる子供もいたりします。しかしながら、そのブロックの組み合わせが論理的なプログラムになっていないと、全く思い通りに動きません。 「なぜ、動かないのか」 を考えて修正を加えることが論理的思考力を高める大事な要素となります。

プログラミングの言語は主要なものでも30以上もあり、Webサイト作成やスマホのアプリ作成などの目的によって使用する言語は異なります。 将来、それらのプログラミング言語や新しい言語を学ぶ事になっても、スクラッチで学んだプログラミングの基礎と論理的思考力が役立つに違いありません。 また、プログラミングの過程で面白さを追求してアレンジを加えたり、ゲーム性を追求して難易度を高めたりボスキャラを作成する子供たちの創造性があれば、プログラマーになった時に作るモノやサービスをイメージできる優秀なエンジニアになると思います。

同じ学ぶにしても、決められたプログラムの課題にそって、ただテキスト通りに並べて実行するだけであれば、思考力や創造力を育てる効果は半減します。 このような学び方だあると、プログラミング言語を理解しているだけで、自分の作りたいものをイメージできずに、決められたプログラムを上手に組むだけの残念なスキルで終わってしまいます。

 

マナカルで楽しみながら学べるスクラッチ学習を始めませんか?

プログラミング体験会のご案内 

11月2日  13時~15時

11月16日 13時~15時

参加申し込みは 03-6411-1579  または、お問合せフォームから

うちの教室では授業前にタッチタイピングを練習させていますが、小学校の低学年の子でも、ホームポジションとなる一列のキーボード入力から初めてから半年で、ローマ宇の入力を始められるようにもなります。

ここからアルファベットとローマ字の脳内での変換に、しばらくの間苦しむことになりますが、ある一定のレベルを超えると、どんどん入力のスピードが上がっていきます。一週間に数分の練習だけにもかかわらず、どんどんと上達していく子供たちの吸収力のはやさには本当に驚きます。 小学生のうちからプログラミングを含めパソコンに慣れさせておくのは、これまでの経験からとても効果的だと感じています。

来年からのプログラミング必修化の動きは先に述べたように、その方向性は示されたものの、学校現場での対応は国が想定している状況とは少し違うところもあるようです。パソコンの台数や教える先生のスキルなどが十分とは言えないところもあるようです。学校では十分なプログラミング学習を受けることも難しい可能性がありますので、近くにプログラミング学習の教室があればお子さんを通わせてみるのもいかがでしょうか? 体験会へのご参加をお待ちしております。気軽にお問合せをください。